瞑想とあそぼ。

楽しく人生を過ごすために、瞑想始めてみました。

「スタンフォード 自分を変える教室」実践1日目

まず、自分がやらなくてはと思っていても、なかなかできていないことを書き出してみる

 こんにちは。まめたろうです。

 まず、実践初日は、自分がやりたくないと思って、先延ばしをしてしまっていることについて、リストアップしてみます。

  •  仕事で疲れて、やらなくてはならないと思っていたことも、次の日に先延ばししてしまう
  • ダメだとわかっていても、ファーストフードなどを食べてしまう
  • ふるさと納税などお得な制度がありながらも、それを利用の仕方を知らないことから、めんどくさいと思ってやらない
  • 家計簿をつけたいけどつけられない
  • ランニングをしたいけど、疲れていると理由でやらない
  • 瞑想しようと思っても、眠くなって寝てしまう
  • 休日をもっと色々と利用したいのに、結局ダラダラとしてしまう
  • 色々な知識を得ようと思っているのに、結局動画などをみてしまう

 とりあえず、こんな感じですね。

 

どうしてやらないのか、その決断をした瞬間を思い返してみる

 例えば、仕事について。

 「あー、今からこれを始めると〇〇時間くらいかかるなあ。何から手をつけていいかわからないよ。。」という気分になり、疲れる、めんどくさいと考えて、嫌な気分になります。

 反対に、帰って休めば、ゆっくりできると考えると、いい気分になります。

 それで、結局易きに流れる結果となります。

 

 ランニングにしても同じ。

 服を着て、靴を履いて、という作業が面倒。

 他のことをやっていて、まず、動画を少し見てからやろうって思って、そうすると徐々に時間が遅くなってきてしまい、「まあ、いいや、明日やろう」と思っています。

 きっと、今やらなくても、後でやれば、結果は同じ。今日やる必要性はそれほどないだろうという気分になります。

 

もう少し深く掘り下げる必要性あり??

 こんな感じで、リストアップして見ました。

 でも、こういったことは頭ではわかっていたこと。

 これをリストアップすることがどれだけの意味があるのでしょうか。

 

対策

 この本によれば、とりあえず、自分の無意識ながらの決断と、その決断をしている時の心の動きを把握することだけでも、先延ばしはだいぶ減るということが明記されています。

 

休日の今日にやってみたこと

 とりあえず、本日は、家の掃除をしてみました。

 床に服が少しだけ落ちていた物を洗濯機に入れて、洗濯したり。 

 乾燥機に出したり。。

 

 あとは、初めてふるさと納税やってみました。

 やり方はとても簡単でした。

 ふるさと納税のサイトに登録して、ただ商品を選んで、特例申請書を作成してみるだけです。

 ふるさと納税選ぶことは楽しく、いろいろな商品に魅了されました。

 唯一のハードルは、特例申請書の作成でしょうか。

 ここで、きっとめんどくさくなって、提出期限である来年の1月10日ギリギリまでやらないだろうというのが、想像できました。

 ですので、せっかく自分を変えるチャレンジ中なので、直ちにコピー機を用意して、申請書、申請書に必要な添付書類を準備して、封筒に入れるところまで準備しました。

 あとは、切手を買って郵便ポストに入れるだけです!

 

 自分が、きっと先延ばしにしていただろうなと思うことを実際には実戦をすることは、楽しい、気持ちの良い、清々しいことでした。

 

 とりあえず、当日は、これでいいでしょう!!

 

 明日からは、また一週間が始まりますが、自分が嫌だななどと少しストレスを感じる場面、欲求に流されそうになる場面に差し掛かった時、自分の内心の動きを意識できる、その瞬間を作ることがとりあえずの目的です。

 

 なんだか、ワクワクします。

 実践してみなければ、これまで通りの過ごし方が続くだけ。

 別に失うものがない、自分だけの挑戦です。

 ですので、気を楽にして挑んでいきます〜!

 

「スタンフォードの自分を変える教室」を読んで実践してみる

スタンフォードの自分を変える教室

 一時期話題になりましたよね。

 テッドトークでも著者のケリーマクゴニガルさんの話を聞いたことがあります。

 たまたま書店で気になって読んでみると、面白いテーマだったので、アマゾンで購入してみました。

 こういった本は、自己啓発本の一種で、読んでみて「いいこと書いてあるな」と思って、そのままいい気分で読み終えてしまいがちです。

 つまり、本の内容を自分の生活の一部とすることはほとんどありません。

 

 まめたろうは、そんな経験ばかりだったので、今回は、「自分を変える」ためにも、実際に書いてあることを実践してみて何がどう変わるのかを自分自身で実験してみようと思いました。

 

実践の方法

 この本は、10章に分かれており、それぞれ講義の順序で、構成してあるそうです。

 ですので、実際の講義では、受講生達は、一週間ごとに講義で学んだことを実生活に応用してみて、その結果を次週の授業に生かしていっていたとのことです。

 この本で推奨されている方法は、実際に1章ずつ実際に試してみるとのことなので、その方法を取っていきたいとも思います。

 

なんで実践しようと思ったか

 著者の方は、ボストン大学で心理学等を学んだのち、スタンフォード大学で心理学の博士号を取得した心理学者。専門は健康心理学で、ヨガや瞑想、統合医療に関する研究を扱う学術専門雑誌の編集主幹を務めている方のようです。

 また、テッドトークを見る限り、非常に快活で、元気を与えてくれそうな雰囲気の持ち主です。

 ここにあるように、ヨガや瞑想等を実践している方で、研究テーマである、人の健康や幸せ、成功や人間関係の向上等に資する実践的な取り組みもしているようなので、信用に値すると思ったのです。

 

今週のテーマ(1週目)

 この本は、意志力を強化するという目的があります。

 意志力によって、自分の人生をより良いものにできるという趣旨です。

 そのためには、様々な場面における意志力について、そして、人間の持つ特性について知る必要があります。

 詳しくは、本書を読んでいただきたいのですが、自制心は、まず自分を知ることから始まります。

 

 そこで、①できない理由を特定する、②もう一人の自分に名前をつける、③選択した瞬間を振り返る、④5踏んで脳の力を最大限に引き出すことが、この一週間のテーマです。

 もう少し詳しくこれから、一週間行うことを整理しておきます。

 

 まず、自分がやらなくてはならないと思っているのに、できないことはなんなのかを明らかにします。

 この作業で、自分がやりたいことをまずはっきりさせて、それができていない理由を自分なりにはっきりさせます。

 そのあと、そのできない理由を作っている自分に名前をつけていきます。

 こうすると、その理由がより具体的に捉えやすくなるようです。

 

 そして、実生活の中で、選択をした瞬間、例えば、食べたい、飲みたいものを決めた時、やりたくないと感じた時に、やらないことを決断した理由、逆にやると決めた理由などを振り返ります。

 こうすることで、自己認識力が高まります。

 

 これ、まさに、瞑想の基本的な作業と同じですよね。

 呼吸や身体感覚に意識を向けて、気が逸れたら、また呼吸などに意識を向け直すという単純な作業と同じです。

 

 ④は、まさに瞑想のトレーニングを指しています。

 これについては、ここまでゆるくではありますが、瞑想を細々と続けてきていたのでできそうです。

 

 これを一週間続けてやってみます。

 ①から④について、特に意識して生活します。

 そして、どういった戦略がもっとも効果があったのかについて検証するのが、目的です。

 

 では!!!!

 

この本の1章で気になった箇所、ラインマーカーを引いた部分など

  • 自己コントロールを強化するためのもっとも良い方法は、自分がどのように、そしてなぜ自制心を失ってしまうのかを理解すること
  • 自制心を発揮するには、肝心な時に自分にとって大事なことモチベーションを思い出す必要がある。これが望む力
  • 前頭前皮質が意志力を司る。「やる」「やらない」「望む」の各働きを司っている。
  • 自己認識とは、自分のしていることを認識するとともにそれを行う理由を理解する能力のこと
  • ほとんどの選択を無意識に行っており、なぜそうするのかという理由などろくに認識もしていなければ、どういう結果を招くかなど考えもしない。
  • 人は気が散っているほど誘惑に負けやすい
  • 考え事で頭がいっぱいになっていると、長期的な目標を忘れ、衝動的な選択をしてしまう
  • 自分の選択を振り返ることで、いい加減な選択の数が減っていく。
  • 脳は、取り組んだこと、繰り返し行うことによって、脳自体が変化していく。脳の一部の灰白質が増強されている
  • 定期的に瞑想を行う人の場合、前頭前皮質や自己認識のために役立つ領域の灰白質が増加する
  • 自己コントロールとは、一日中目標から離れかけている自分に気づき再び目標へ向かって軌道修正をするプロセス

 

 自分がやりたいと思っていることが、実現できるようになると考えるだけで、ワクワクしますね。

 いい本だという評判ですし、やってみたいと思います。

瞑想をしなくなった瞑想ブログ

長い間更新が止まっておりました。

瞑想について色々と世間でニュースになっていることや、自分なりに興味を持っていた事柄についてまとめていましたが、最近は、パッタリと瞑想しなくなっておりました。

 

もっとも、全くもってゼロになっていたというわけではなく、ぼちぼち、となり、その熱意なども、リラックスできればいいや的な感じでゆるーい感じでした。

 

瞑想を続けていた時のような、脳がバシッと覚醒した感じ、街を歩いていても、自分の脳の動きがピタッと静まり返っていたような感覚が懐かしいです。

 

やはり続けないとダメだということが十分わかりました。

最近は、瞑想を始める前の感じに戻ってきてしまいました。

 

 

そこで、再び、このブログに手をつけ、瞑想を始めていこうではないかと思い立ちました。

 

今度は、実際に、瞑想について書かれた本などを購入して、読んでみて実践していきたいと思います。

また、日記的な感じでゆるく続けていければと思います。

 

そんな感じで、今日は、決意を新たにしてみました!

 

では!

流行りのVRで瞑想体験ができる。

f:id:meisoudebennkyousiyo:20170920233542j:plain


VRを使えばいつでも何処へでもいける

今流行りのVRを使った瞑想体験ができるソフトがあるようです。

guidedmeditationvr.com

様々なVRの機器に対応しているようです。

私は、VRの機器を持っていないので、まだ試せていません。

 

VRを使って、普段の瞑想とは違う体験を

 

www.youtube.com

 この動画は、実際にこの瞑想体験ソフトのレビューというか、実況中継をしてくれています。

 色々な美しい場所を歩いて、瞑想をする場所を決めることができるようです。

 滝の音や、バックグラウンドミュージックなどもあり、容易に瞑想状態に入れるように、音声ガイドもついているようです。

 

 人によっては、まあ、魅力的なソフトだと思いますが、瞑想をするときは、結局目を閉じるのでしょうか? つけたことないですが、ヘッドセットは重くないのでしょうか?

 など色々な疑問がありますが、体験してみたいという気持ちが強いです。

 興味があれば、調べてみてくださいね。では。

 

ちょっとだけ瞑想→作業の流れは、効率性、集中力を保ってくれる

f:id:meisoudebennkyousiyo:20170920233552j:plain


いつでも昼寝の時間を取れるわけではない。

 どんなに体力のある人でも、一生懸命仕事をしていると、気がつくと気持ちがだんだんと疲れてきます。

 体力が衰えているだけじゃなく、日々の作業量に頭の方も疲れてるのだと思います。

 こんなとき、皆さんはどんな方法をとっていますか?

 私は、短時間の瞑想をしてみます。

 

自分の頭をすっきりさせる方法はいくつか持っていた方がいい

 頭をすっきりとさせることは、仕事をしていく上でとても必要だと思います。

 人によっては、甘いものを食べたり、同僚と少し会話をしたり、外に出たり。

 いろんな方法があります。

 私の場合、甘いものを食べても、なんとなく体や頭の疲れ、だるさは取れません。会話をしても、仕事に対するやる気はあまりチャージされません。。

 そんなとき、私は瞑想します。

 瞑想といっても、どちらかというと、呼吸法かもしれません。

 5分くらい適当に時間をとって、目を瞑ってゆっくりと呼吸をします。

 息を吸ったら、そのまま止めます。

 吸うのが4秒くらいなら、止めるのは10秒くらい止めています。

 10秒止めたら、今度は、吐きます。ゆっくりと。

 吐くのは、自分で苦しくない程度に長く伸ばします。

 そんな風にして、呼吸をします。

 考えることは、呼吸のみ。呼吸に意識を集中。

 寝ません。寝ないようにします。

 私の場合、眠気が出てくると、ちょっとの睡眠では、逆にだるくなってしまいます。

 呼吸に意識を集中するこのリラックス法をすると、頭が少しシャキッとします。

 

 感覚的には、頭の中の温度がほんの少しひんやりするって感じです。

 

 その他、散歩したりもします。散歩といっても、会社や会社の近くを少し歩いたりする程度ですが。

 

 他には、スクワットですかね。

 筋肉を少しだけ動かすと、頭がすっきりします。

 

 こんな風に、時間や場所、気分に合わせて、自分なりのリラックス法を実践しています。

 自分の中で今の所、効果があるなあと思うのは、この三つですね。

 

いつでも時間が取れるわけではない

 ただ、この短時間の瞑想の方法は、私以外の人から見れば、寝ているようにしか見えませんし、サボっているように見えるかもしれません。

 ですので、このリラックス法をする場所は、トイレでもいいですし、昼休み、カフェ、そういった場所で実践していいと思います。

 

 私は、5分くらいしていますが、これより短くても体感的に効果が出ると思います。

 例えば、呼吸の一回のサイクルを10回繰り返すとかでもいいと思います。

 きっと、こんなゆったりとした呼吸を持つことで、自律神経なども整うのではないかと思ってます。

 あくまで主観的なリラックス法ですが、他のどんなものよりもデスクワークなどの効率性、集中力の維持に効果があります。

 オススメです。ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

ヨガを始めたい

 最近は体の柔軟性を高めたい!って思ってます。寒くなってきて、筋肉などが強張ってきたからかな?

 どこかでヨガレッスンを受けたいですが、なかなかいい場所が見つかりませんね。

 家で始めてみようかな?

 では。

 

記憶力チャンピオンに2度も輝いた女性が語る「記憶力を高めるコツ」

f:id:meisoudebennkyousiyo:20170920233458j:plain
記憶する能力が高ければ

記憶力がもっとあればと思うことは日々多々あると思います。

物忘れがあったり、日々の出来事が積み重なるに連れて、自分の過去の記憶が薄れていく感じがあります。そんな人も多いと思います。

今日は、記憶力チャンピオンに輝いた女性が語る、テストで高得点を取るコツ!と題する記事を紹介します。 

続きを読む